スポンサーリンク

未分類

1ヶ月でアドセンス に合格したブログの書き方

こんにちは、Mizcです。

本日は、初心者ブロガーの僕が1ヶ月でアドセンスに合格した方法について記事を書きます。

この記事を読んでもらいたい人

  • アドセンス に合格したい人
  • アドセンス審査に繰り返し落ち、改善方法を知りたい人

この記事を書いている僕は、ブログを始めて1ヶ月ちょっとでアドセンス 申請の合格しました。

ちなみに申請は2回していますので、今回は1回目の申請からの修正点も踏まえて、記事を書いていこうと思います。

1回目の申請の考察

ユーザー目線のサイトであることを心がけた

アドセンス はGoogleが提供しているサービスです。

合格するためには、Googleの理念に基づいたサイトを提供する必要があるのではないか?と考えました。

Googleの理念については下記の通りです。

引用元:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

つまり、サイトにきてくれたお客さんが、わかりやすいと思えるサイトを作ることが、アドセンス 合格の近道なのではないかと考えました。

カテゴリは2つに絞った

アドセンス 申請までは、カテゴリは2つに絞りました。

前述のように、ユーザーのわかりやすさを重視した背景があります。

雑記ブログでも合格している方はたくさんいるので、問題ないと思いますが、ある程度カテゴリを絞った方が、ユーザーがサイトの方向性を読み取りやすいと考えたため、2つに絞りました。

1記事あたりの文字数を2,000文字以上を心がけた

根拠はTsuzukiさんのブログを参考にしました。

2000文字というのは網羅性のボーダーラインなのかもしれません。

記事数は7記事で申請

当初は10記事で申請をしようと考えていたのですが、記事数が1桁台でも合格する声を何件も見たので、7記事で申請してみることにしました。

アフィリエイトリンクは貼ってもOK

全ての記事に貼ることはおすすめしませんが、貼ること自体は特に問題ありません。

当ブログでも、ヨメレバを利用したアフィリエイトリンクを貼っていました。

結果は・・

前述の通り不合格でした。

なお、不合格通知は申請から4日で返信がきました。

2回目の申請の考察【修正点をご紹介】

記事数を7→10に増やした

シンプルに記事数を増やしました。

ユーザーがサイトを訪問した時に、記事数が少ない記事でまた訪問してもらえるか?ということを考え、

当初の目安にしていた10記事まで書くようにしました。

著作権を意識した

ネットで拾った動画や画像を掲載して、審査に影響していることが多いようですが、引用文の著作権も意外と多いようです。

僕のブログは、資格試験関連の記事があるので、試験の過去問をそのまま引用として載せている記事があります。

その中で、行政書士試験の過去問を掲載していたのですが、改めて行政書士試験のHPを見てみると、

許可なく問題文を引用、掲載することを禁止する

という記載があったので、すぐに引用した問題文を削除し、その部分を書き直しました。

※ちなみに、他の資格試験は、引用や転載するのに特別許可のいらない試験も結構あるようです。

引用や転載をする際は、引用元のHPなどで問題がないかチェックするようにしましょう。

ちなみに、僕のブログでは動画は未使用、画像はfreepikの有料プランを使用していたので、特に変更はしませんでした。

修正後の結果は・・

見事合格でした!

修正した内容は、

・記事数を増やした

・著作権に引っかかりそうな文章を訂正した。

なので、おそらく後者の方が合否に関係しているのではないか?と推察します。

まとめ

最後に、アドセンス合格に関係した可能性の高い要素をまとめます。

・ユーザー目線のサイト構成を心がける

・カテゴリは2つに絞った

・1記事あたりの文字数を2000文字以上を心がける

・記事数は10記事以上書いた

・画像や動画はもちろん、引用元文などの著作権にも気をつけた

皆様の参考になれば幸いです。

今回は以上となります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-未分類

© 2021 MizcBook Powered by AFFINGER5