スポンサーリンク

おすすめ本 自己啓発

GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代 要約、まとめ

こんにちは、Mizcです。

本日はGIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代要約をお送りします。

この記事を読んで欲しい人

  • GIVE&TAKEの要点を知りたい方
  • 何の本を読もうか検討している方

GIVE&TAKEの類型

まず、本書の大前提となる、人間の3つの類型について説明します。

①ギバー・・・人に惜しみなく与える人

②テイカー・・・真っ先に自分の利益を優先させる人

③マッチャー・・・損得のバランスを考える人

この3つの大きな違いは、ギブ &テイクに至までの筋道の違いであり、ポイントはギブとテイク、どちらが先に来るかです。

ギバーは、まず与えることを優先します。相手のことを真っ先に考えるのです。

テイカーは、まず奪うことを考えます。テイクするために与えるのは仕方ないという思考回路です。

マッチャーは、バランスを重視します。利益・不利益の公平バランスを重視します。これだけしてもらったから、同じくらい返すよというのがマッチャーの考え方です。

タイトルにもある通り、本書ではギバーを目指しています。

この大前提を基に、重要点を極力要約してお届けします。

 

どうしたら「ギバー」になれるのか?

【大前提】ギバーとして成功するには時間がかかる

成功するギバーになるためには、どうしても時間が必要になってきます。

本書では時間的に鷹揚(おうよう)であれと表現しています。※鷹揚→心に余裕のある状態

ここを認識しないと、途中で心が折れてしまい、ギバーの道を閉ざしてしまいます。

ギバーになることは、マラソンを走るのと同じことだと本書では述べています。

Mizc
信頼を築くには時間が必要ですもんね

 

他者志向性

成功するギバーになるには「他者志向性」が必要です。

他者志向性とは、例えばチームで仕事をするとき、自分の取り分を心配をするのではなく、全員のために成果をあげようとする姿勢です。

Mizc
営業で言うと、自分の個人ノルマより、チーム全体のノルマを優先させるイメージです

 

悩める男性
自己犠牲と何が違うの??

ごもっともです、確かに勘違いしやすいと思います。

説明すると、自己犠牲は他者にしかギブしていないことが特徴です。

反対に、他者志向性は「自分にとって意義のあることをする」、「自分が楽しめることをする」というモットーがあるので、他者だけでなく、自分にもギブすることができるのです。

つまり、他者志向性は、自分を含めた全員が利益を受ける環境を創り出すことができるのです。

Mizc
このブログの隠れたモットーでもあります(笑)

 

ケーキの総量を増やそうとする

まず、ホールケーキを想像してください。

テイカーであれば、自分だけケーキの一切れを大きくカットして、よりたくさん食べようとしますが、

ギバーはそもそもケーキ自体を大きくして、全員の一切れを大きくしようと考えます。

自分の持っている価値をまず人に与え、自分のネットワーク内にいる人たちに、同じくギバーとして行動するようにと背中を押します。

Mizc
恩を受けたら、同じように他の人にも親切にしてあげてね〜と呼びかけるイメージです。

そうやってギブの輪を広げていき、結果としてケーキ自体が大きくなることを目指します。

この行為を本書では恩送りと呼んで、人助けを当たり前にするアプローチとして位置付けています。

 

ギバーはダイヤモンドを「探す」のではなく、「磨く」

ギバーは人を育てるとき、才能の片鱗が見えるまで待ったりはしません。

その人の才能よりも、シンプルにやる気があるかどうかに注目します。

どんな人でも才能があり、その人の一番良いところを引き出そうと応援するのが、ギバーの特徴です。

Mizc
松岡修造氏が、一番イメージしやすいと思います(笑)

 

ゆるいコミュニケーション法

ギバーは話し方にも特徴があり、本書ではゆるいコミュニケーションと呼んでいます。

ゆるいコミュニケーションは、強引な話し方はせず、不明な点があれば明確にし、人のアドバイスを喜んで受け入れます。

また、相手に弱みを見せることをゆるいコミュニケーションの本質としています。

Mizc
例えば、尊敬できる上司や同僚が、過去の失敗談を話してくれるイメージ、ありませんか?

相手に弱みを見せることで近寄りがたさを払拭し、親しみやすい印象を与えることができます。

ただ、この方法は周りから認めらている人にのみ効果かがあります。

一貫してゆるいコミュニケーションをとるのではなく、ケースバイケースで使うのをおすすめします。

Mizc
まずは家族に向けて始めてみると良いかもしれませんね

 

ギバーになりすぎてもNG

ここまでギバーについて述べてきましたが、その裏ではテイカーの影が潜むこともしばしば・・

本書ではテイカーと付き合うときはマッチャーになり、3回中2回張り合って、1回はギブすることを推奨しています。

一つのGIVE&TAKEの類型にとらわれるのではなく、相手によって時には変化することが必要ということです。

書評

【良かった点】人間の「在り方」が学べる

GIVE&TAKEは人間の根底にある「在り方」について書かれていると感じています。

本書の展開のしかたとして、色んな人の人生を事例としてあげているので、どう在るべきか?ということを考えさせてくれる作品でした。

【難点】根本的な話なので、行動が取りづらい

明確に「こういうときはこうしましょう」「こういうことを実践しましょう」という本ではないので、具体的な行動を考えるのが難しいです。※そもそも事例式なの、で自分で考えるタイプの本です。

この本読んだけど、具体的になにすればいいの?と思う方が多いかもしれません。

そういう方は下記に行動プランを載せましたので、参考になると幸いです。

【行動プラン】相手が求めていることに対して仮説思考を立てよう

相手は何を求めているのか?相手の知りたがっていることは何か?を仮説で良いので考えます。

これをやる大前提は、相手が求めないことばかり与えようとしても、それはありがた迷惑で、ギブではないからです。

例えばITのプロジェクトに取り組んでいる人に、自分が参考になったからといって法律の本をすすめられても、あんまり嬉しくないですよね?

極端に感じるかもしれませんが、結構皆さんやりがちです。要は自分本位であり、他者志向ではないんです。

誤解のないようにお伝えしますが、

自分の得た学びや、知識を与えるのはめちゃくちゃ素晴らしいことですし、ギブの真髄であると思っています。

ただ、突き進むだけはなく、相手の状況や環境も考える必要があるよね?ということをここでは言いたいわけです。

相手のために仮説を立てて考えるというのも立派なギブだと考えております。

本書では、ギバーとしての在り方など、事例を基に描かれていますので、ぜひ本書を読んでみることをおすすめします。

スポンサーリンク

-おすすめ本, 自己啓発

© 2021 MizcBook Powered by AFFINGER5